中性脂肪を下げるには

中性脂肪を下げるには

中性脂肪が増えすぎることと、肥満や糖尿病などとは「相性」が抜群に良いものです。
逆にいうと、中性脂肪を下げるには、肥満や糖尿病を予防すればよいことになります。
具体的には、減量(=適切な食生活)、運動不足の解消、そして節酒・禁煙につきます。

 

中性脂肪を下げるには、食事は重要なポイントで、肥満気味の人は特に、食べ過ぎを自覚することが出発点です。
基本は、エネルギー源の入り過ぎを抑えることで、食べ過ぎても1食ぬけば平気などと、甘い考えは厳禁です。
食事のとり方は、特に難しいものはありません。
中性脂肪を下げるには、食べ過ぎず(=腹八分目でやめる)、3食を規則正しく、バランス良くなど、昔から言われてきたことばかりで、目新らしいものはありません。
晩酌については、ほろ酔い程度でやめるのが無難な線です。

過度な食事制限はNG

ここで要注意なのは、効果を早く出そうとして、摂取カロリーを極端に制限することです。リバウンドが起きやすく、健康にも影響を及ぼしかねません。
リバウンドが少ないのは、3か月で現在の体重の5%を減らすことです。
例えば、体重80sの人が、中性脂肪を下げるには、3か月で4s減らすのが適当で、この程度なら無理はないでしょう。

 

また、中性脂肪を下げるには、運動も効果的です。
そうはいっても、日ごろ運動習慣のない人が第一歩を踏み出すのは大変でしょうから、買い物はちょっと遠い店まで遠征したり、バスや電車の代わりに歩いたりなど、よく歩くことから始めるのがオススメです。
そもそも肥満気味の人は、日常的に体を動かすことが少ない傾向があるので、よく歩くだけでも気分転換になり、リフレッシュできるメリットもあります。

関連ページ

中性脂肪と食事療法
中性脂肪と食事療法について。
食物繊維や青魚
中性脂肪を下げるのによい食事として食物繊維や青魚は欠かせません。
中性脂肪が増加する食事
中性脂肪が増加する食事や食生活とは?
中性脂肪値を下げる食品
中性脂肪値を下げる食品の代表選手はやっぱり青魚。