中性脂肪を下げる薬を投入するタイミング

中性脂肪を下げる薬を投入するタイミング

中性脂肪の数値が高くなってしまい、食事療法や運動療法を試みても一向に数値が下がらないばかりか、数値がどんどん大きくなってきた場合は、薬物治療の領域に入ってきます。

 

なぜ薬によって中性脂肪を下げなければいけないかといえば、その状態を放置すると、動脈硬化による血栓など、致命的な症状を引き起こしてしまうからです。

 

薬の種類はいくつかありますが、中性脂肪を作らせないようにするもの、代謝の促進により蓄積させないようにするもの等があります。

食事、運動、薬の関係

食事療法や運動療法により、中性脂肪の数値を何とか下げようとして、ダメだと、次は薬物療法という事になります。

 

ここで勘違いをする人がいるのですが、薬さえ飲んでいれば、食べ物に気を使わなくても運動をしなくても大丈夫等と考える人がまれにいる事です。

 

勘違いしてはいけないのは、食事療法でも運動療法でも効かないくらい悪い状況だという事ですから、むしろ、それまで以上に食事や運動に気をつけなくてはいけないのです。

中性脂肪を下げる薬の名前

中性脂肪を下げる薬には以下があります。

 

「ニコチン酸製剤」
「フィブラート系製剤」

 

「ニコチン酸製剤」は、肝臓で生成される中性脂肪の量を抑制します。
つまり、「発生量を抑える」薬なわけです。

 

また「フィブラート系製剤」も肝臓での中性脂肪合成を抑え血液中の中性脂肪を下げる薬です。ただ、肝・腎機能障害のある人には注意が必要です。