中性脂肪を下げる方法

中性脂肪を下げる方法

中性脂肪を下げる方法は、シンプルに言えば、以下のふたつ。

 

●食事=中性脂肪がたまりやすい食事を避ける。
●運動=中性脂肪がたまらないように身体を動かす。

 

もともと、生活習慣によってたまってしまうのが中性脂肪ですから、つまりは、その生活習慣を修正すれば中性脂肪の数値は下げることができます。
中性脂肪には「エネルギー貯蔵物質としての役割」もあります。
すなわち、中性脂肪が高い=「エネルギーをたくさん貯蔵している」ことでもあるのです。
肥満、メタボリック症候群...こういった状態がすぐそこにあると思ってよいでしょう。
そうならないための食事...いちばん簡単なのは「総量規制」です。
身体が本来必要としていう量に比べ、単純に「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」というケースも少なくありません。
特にお酒の飲み過ぎはコントロールしたほうがよいでしょう。
また、食品としては、青魚、食物繊維などがよいとされます。

 

そして運動は有酸素運動がオススメです。
ウォーキング、速歩、ジョギング、水泳、サイクリング、エアロビクス...などがそれにあたります。
ゆっくりじっくり、1回あたり20〜30分以上はつづけることが大切。
できれば毎日の習慣にしてしまいたいですね。

関連ページ

中性脂肪とは
健康診断の検査項目にある中性脂肪とは、酸性でもアルカリ性でもない、「中性」の性質をもった脂肪のことです。
中性脂肪値が低い
中性脂肪が低すぎることも健康によくありません。
中性脂肪とコレステロール
中性脂肪とコレステロールの違いと共通点。