中性脂肪の基礎知識

中性脂肪の数値やコントロール方法

健康診断や人間ドッグなどの結果に必ず出てくる血液検査の結果の中の、重要な数値の一つに中性脂肪があります。

 

いわゆる基準値もしくは正常値と言われる値は、40〜130mg/dlくらいとされています。

 

ですから、自分の数値がこの範囲内であれば、一応問題はありません。

 

この数値より低い場合もそれほど深刻ではありませんが、やはり高い場合が問題になります。

 

時として、高い数値が出てしまう事もあるのが中性脂肪です。

 

その際、まず行うべきは食事療法と運動療法です。

 

極端に高い数値でも無い限りは、これらの方法で十分に数値は落とす事は出来ます。

 

コレでもダメな場合は、薬が処方されることになります。

 

中性脂肪はメタボ健診の中にも出てきますので、気が付いた時から落とす努力をする方がいいでしょう。

 

血圧や血糖値に比べたら、落とすのは比較的簡単ですから。

中性脂肪の基礎知識記事一覧

よく健康診断の検査項目にある中性脂肪とは、酸性でもアルカリ性でもない、「中性」の性質をもった脂肪のことです。大きくトリグリセリド(TG)とコレステロールエステルの2種類に分けられますが、後者は微量なので、もっぱらトリグリセリドと同一視されています。中性脂肪とは、人間が日々活動する際のエネルギー源となる脂肪ですから、なくても困ります。普段は体脂肪として貯蔵され、必要に応じて分解され、エネルギーに変換...

中性脂肪を下げる方法は、シンプルに言えば、以下のふたつ。●食事=中性脂肪がたまりやすい食事を避ける。●運動=中性脂肪がたまらないように身体を動かす。もともと、生活習慣によってたまってしまうのが中性脂肪ですから、つまりは、その生活習慣を修正すれば中性脂肪の数値は下げることができます。中性脂肪には「エネルギー貯蔵物質としての役割」もあります。すなわち、中性脂肪が高い=「エネルギーをたくさん貯蔵している...

健康診断の血液検査で一喜一憂してしまうのは、仕方の無い事だとは思います。特にある程度、改善のための努力をしたと思っていたのに、数値が変わらないとか、増えてしまったといった事は良くあることです。一般的に数値をどうやったら下げられるかを考えている人が非常に多いと思います。しかし、数値が低いのも実は問題です。中性脂肪に関しては、基準値より低いからといって、すぐに治療を開始しましょうという事にはなりません...

あまり健康に気を使わない人にとっては、コレステロールと中性脂肪の区別がつかないようです。なにやらどちらもこってりとした感じはしますけど、実はこの2つは全く違うものです。コレステロールが副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどを合成してくれる物質に対して、中性脂肪はというと、脂肪をエネルギーとして、体の中に蓄えていてくれます。そして必要があれば運んでくれるという、生命の維持にかかわっている物質です。ですから...