中性脂肪と血液

中性脂肪には高脂血症や脂肪肝にもつながるリスクが

中性脂肪は血液検査で調べます。
基準値の数値は35〜149となっていますが、成分的にはトリグリセリド(Triglyceride、Triacylglycerol)といって、脂肪酸とグリセリン(グリセロール)が結合した物質です。
脂肪酸とグリセリンが結びつくことで中性を示すので「中性脂肪」と呼ばれます。
以前は、健康診断でもこの中性脂肪の数値はあまり重要視されず、「1000 mg/dL を超えると急性膵炎のリスクが上がる」というような認識でした。
しかし、今では高脂血症や脂肪肝などとの関連も指摘されており、生活習慣病をコントロールするための重要な因子とされています。
もし基準値を数値が超えたなら、あるいは基準値近くならばそれを下げる習慣を取り入れましょう。

中性脂肪と血液記事一覧

中性脂肪は通常、内臓脂肪や皮下脂肪の脂肪細胞に貯蔵されています。その数値は、健康診断などで行われる血液検査で測ることができます。中性脂肪は過剰になると、血液中にもあふれ出します。したがって、数値は血液検査で簡単に知ることができるのです。検査によって、数値が高いと判明したならば、体内に余分な脂肪があり過ぎるということを指しています。体内に余分な脂肪があると、あまりよろしくないというのは、一つには血管...

不健康な生活を送っている人ほど、健康に対して根拠の無い自信を持っている事が多いものです。何故か自分は大丈夫と考えている人も多いと思います。会社や個人でほとんどの人が最低でも健康診断は受けられる環境にあるはずです。めちゃくちゃな生活を送っている人でも、1年に1回くらい健康診断程度を受ける時間くらいあるでしょう。この健康診断は決して軽視しない方がよいのです。目に見えない体の変調や病気は、なにがしかの前...

中性脂肪が高いというのはどういう事かといえば、呼んで字のごとく、「血液中の中性脂肪の値が高い」ということです。で、その状態だと、いわゆるドロドロの血液ということになります。このドロドロはどういう病気をもたらすかというと、ズバリ動脈硬化です。スムーズに流れなくなった血液が血管の中にくっつきはじめ、血液循環が悪化、そして血栓などができたりします。その後、血管の壁が腫れ始め、結果的に血管が細くなり硬くな...